So-net無料ブログ作成
検索選択

L'Osteria del Treno [Mangiare in Italia]

02年に一人旅で来た時に行った店、L'Osteria del Treno。
Slow Food協会のMilano支部長の店。
その頃はほとんどワインも飲めなかったのにグラスで赤を注文し、Lardoを初めて食べた。
簡単に言っちゃえば「ラードの塩漬け」なんだけど、ローズマリーとかで味付けされていて
すごくおいしいと思った。
でも今日はランチに挑戦。

Lonza Tonnata (豚肉のツナソース)
昼はカジュアルな感じで、作ってある物がどんどん出てくる。
TonnataはAlbaで食べた方が私はおいしいと思ったけど、こっちのソースの方がツナの味はする。
そして残念ですがランチメニューにLardoはなかった…

AnniCinquantaへ。
来た当初からやっていて、滞在中に見に行こうと思ったまんまで、気づけば〜7/3まで。
Palazzo Realeで9ユーロで見られるイタリアデザイン50年の歴史みたいな感じ。
私が1番好きだったのは『Fiat Nuova 500』1955年の木型。写真撮りたかった…。
あとは『Armando Testa』の広告。学生の頃ならこっちが1番かも。
『Franco Grignani』はなんかいかにも「CMYK」って感じで、学生の頃の実習みたい…
まあ、1957〜1959年のものですからね…。
ファッションの所では『Emilio Federico Schuberth』のドレスがかわいかった。着たい!
でも館内展示より広場に展示されていたこっちの方がおもしろいかも。

ドームの中にはFiat 500、600など(それ以外興味ないのがバレバレ)が入っている。
ここで私は600に一目惚れしたんだ♪(惚れ過ぎ…)

そして売店で売っていたのでぴ〜すけにプレゼント!

帰る途中、友人が絶賛するSanta Maria della Grazie教会へ。
と言っても『最後の晩餐』を見に行った訳ではなく(今回も予約が面倒くさくて見ずに帰ります)普通に教会の中を見学。
確かにきれい。多分友人とは別の意味で言っているんだろうけどこれはいいな。
帰る前にまた来よう。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。