So-net無料ブログ作成
検索選択

Vietato l'ingresso agli addetti al lavoro しごとに関係ある人 出入りおことわり [Mostra]

そんなこんなで今度はshiodomeitaliaでの展示。
『Vietato l'ingresso agli addetti al lavoro しごとに関係ある人 出入りおことわり』
http://www.shiodomeitalia.com/modules/mostre01/index.php?id=16
こちらはなんと、入場無料です。お得。


▲展示会場入り口

まぁ展示スペースが小さいので板橋と比べると展示数も少ない。
でも前にEttore Sottsassの展示を見た時は「この場所じゃ、展示品の魅力半減だ…」
と思ったけれど、今回はそんなことなく楽しめた。
そして今までの中では1番、人が見に来ていた。びっくり。

そういえば前の日記に書き忘れたけれど、彼は日本が好きだったらしい。
自分の仕事部屋を紹介する映像が(板橋の方)あったのだけれど、
室内には鯉のぼりや折り鶴が飾られていた。
日本の友人にもらったという日本の楽器も紹介していたが、
「?」と日本人の私が思う物が出て来た。
木製で…なんか南京玉簾の亜種か?とも思ったけれど伸びない。
でもタイトルは確か「日本の音」、なんだろうあれ…。

今回、痛切に感じたのは当たり前だけど輸入品は高い。
両会場で日本語版や原書の販売があったのだけれども、
日本版が2000円台の『nella notte buia(暗い夜に)』、
イタリア版は20ユーロと表記されていても6000円弱。
他のも15ユーロと書かれた本は4200円…高い。
送料やらがあるとしてもボッタクリだろう。
次回行った時には本屋を巡って探してやるぅ〜!!


▲shiodomeitaliaの風景
  よくファッション雑誌等の撮影で使われているらしいが(雑誌で見る)、
  1番目立つ神殿風の建物がWINSだと知っている読者は少なかろう…。(画面右側の建物)

汐留まで行ったら帰りは銀座まで足を延ばして
ggg(銀座グラフィック・ギャラリー)も覗く。
あまり知られていないけれど(DNP系社員だって知らない人は多い)
無料でおもしろい展示をやっていたりする。
『中村誠展』とかすごく好きだったもん。
でも今回の展示『戸田正寿ポスターアート展』は
いい悪いは置いといて、好きか嫌いかで聞かれれば限りなく「嫌い」。
目を引くしなにかパワーみたいなものは感じるが、嫌い。

「ちぇ〜、今回はハズレか」と思っていると、
おもしろそうな展示のパンフ発見!
大日本のヤツ、こんな事始めたのか…。
『LOUVRE - DNP MUSEUM LAB』
http://museumlab.jp/exhibition/index.html
今度、予約して行ってみよう。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。