So-net無料ブログ作成
検索選択

不思議な本屋 [Mostra]

最近ほとんど雑誌を買わないので(元作っていた人間のはずなのに…)
もっぱら情報源が新聞に移行しつつあります。

昨日の夕刊で見かけて気になった展示(?)の1つが
会社から近かったので行ってみる事にした。
村松葉子個展 「Utopia」(http://www.moriokashoten.com/?pid=12223374
開催場所は本屋らしい。

本屋のサイトを探して見ると「古い戦前のビル3階」と書いてある。
本屋がビル(商業ビルじゃないビル)の3階?と思いつつ向かう。
近くとは言ってもまだ足を踏み入れたことのない辺り。

それらしきビルの前に建つ。
古そうな、でもちょっとオシャレな感じがするビル。
でも看板とかは出ていない。
「…本当にここか?」
でもビルの名前は「第2井上ビル」なのでここらしい。

Image923.jpg

なんかちょっとイタリアを思い出す(気がするだけ?)感じの入り口。
ポストを確認するとたしかに305号室は森岡書店らしい。
古い建物だからか、あっという間に2階・3階となる。
(天井が低いんだろうけれどちびなので気にならない…)
途中見えた2階は各部屋、色とりどりの扉だった。
3階を見回す。
階段から近い所に305号室はあり、どうやらここらしいが…。

Image922.jpg

扉の所から中をのぞく。
本は見えるが人は見えない。
ちょっとためらったけれど軽くノックして入ってみる。

中には店員さん(?)らしき人が2人だけ。
店内の壁に飾られた絵を見つつ、置いてある本もちら見する。
古本屋?とも思ったけれど新しそうな本もある。
全体的にはデザイン関係ぽい本が多そうだけれども、
日本のも外国のも混ざっていてなんだか不思議。

展示されていたイラストはかなり好きな感じだったので
思い切って入ってみてよかった。
黒がとても印象的な感じだけどかわいい感じだった。
はがきを買うと
「何かで情報を見られたんですか?」と聞かれたので
「昨日の朝日新聞の夕刊で見ました。会社から近かったので…」
何かで見たか、口コミでもなければ
こんなビルの3階の本屋に人は来ないだろ〜と思いつつ、
なんだか秘密の遊び場(?)を見つけた気分で楽しかった。

また次の展示の時にも行ってみよう。
しかし本屋なのに展示だけ見に行ってていいのかな?
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。