So-net無料ブログ作成
Vita in Italia ブログトップ
前の10件 | -

思いでアルバム 04 Natale di Milano 2004-2005 [Vita in Italia]

2004年12月中旬〜2005年1月までMilanoに住む友人・Amiさんの家の居候になった。
その頃撮影した街の様子。


▲Galleria Vittorio Emanuele II(ヴィットリオ・エマヌエーレ2世のガッレリア)
 と中心にあるクリスマス・ツリー


▲飾りはSwarovski


▲Via Grossi 奥に見えるのはGalleria


▲Duomo前の特設スケートリンク

なぜかこの時期、街の大きな広場で見かける。(BolognaとかLecceとかでも見た)


▲Piazza del Duomo(ドゥオーモ広場)


▲Corso Buenos Aires


▲Corso Vercelli


▲Montenapoleone駅前


▲Via della Spiga


▲Via Orefici


▲Via Dante


▲Via Montenapoleone


▲Piazza S.Carlo


▲Via S.PietroAll'Orto


▲Via S.Maria Segreta


▲Via Belfiore


▲Naviglio Grande(大運河)

あぁ…帰りたい…。


思いでアルバム 03 Natale di Roma 2004-2005 [Vita in Italia]

2004年12月10日〜12日、クラスメイトのCiocoと一緒にRomaへ行った。
「今年のFirenzeはハズレ」と言われたけれど、
きっと首都Romaは違うだろ〜と意気込んで出かけて行った。

ホテルのチェック・インの時にレセプションの人に聞いてみると地図に印を付けながら
「ここら辺がMeravigliosoだよ〜」と教えてくれたので荷物を置いて早速出かけた。


▲Via Condotti(コンドッティ通り)


▲Via Borgognona(ボルゴニョーナ通り)だったと思う

『Meraviglioso』とは形容詞で「すばらしい、みごとな、驚くべき」という意味なのだけれど、
言われた場所は上の写真の場所。
Meraviglioso…なんだろうか?


▲Piazza di Venezia(ヴェネツィア広場)


▲左)Citta' del Vaticano(ヴァチカン市国)
 右)Piazza San Pietro(サン・ピエトロ広場)に準備されていたツリー


▲Monte Pincio(ピンチョの丘)のX'masツリー


▲Babbo Natale(サンタクロース)


▲Piazza Navona(ナヴォーナ広場)のX'mas飾りの出店


▲Via di Porta Angerica(ポルタ・アンジェリカ通り)


▲Stazione Centrale Termini(テルミニ中央駅)

やはりFirenzeよりはRomaの方が飾り付けが豪華?


思いでアルバム 02 Natale di Firenze 2004-2005(2) [Vita in Italia]

前回の続きです。


▲Ponte Vecchio(ヴェッキオ橋)


▲Via de'Fossi


▲Via della Vigna Nuova


▲Borgo S.Lorenzo(多分)


▲Borgo degli Albizi


▲Via dei Magazzini(多分)


▲Via A.Firenzuola


▲Via dei Calzaiuoli


▲Via G.Marconi


▲Via Pietrapiana


▲Via dei Proconsolo

通りごとに違う飾り付けがされていた。
クラスメイトが先生に聞いたら
「今年(2004年当時)のFirenzeの飾り付けはハズレだ…」と言っていた。
なので紹介した写真はハズレ作品たちなのか?!


思いでアルバム 01 Natale di Firenze 2004-2005(1) [Vita in Italia]

1回目の留学時はblogを書いていなかったので、その頃の写真とかを紹介しようと思います。

2004年11月頃、街はだんだんNataleに向けて飾り付けが始まった。


▲Posta Centrale(中央郵便局)


▲Piazza della Repubblica(レプブリカ広場)

最初はメリーゴーランドだけだったけれどクリスマス・ツリーも用意された。
悩んだけれど、メリーゴーランドは乗らなかった…。


▲Via d.Speziali

この時期になると馬車(?)もNatale仕様。


▲Tribunale(裁判所)

住んでいた家のすぐ近くだったけれど、この写真を撮るまで
ここが裁判所だとは知らなかった。


▲STEFANEL(Via dei Calzaiuoli)

店内のディスプレーもNatale仕様になっていく。
あ〜、きっと今頃は準備が始まっているんだろうなぁ…。


▲Vestri(Borgo Albizi 11r)チョコレート屋さんのPandoro(パンドーロ)


Senso unico (一方通行) [Vita in Italia]


あっという間の3ヶ月だった。
そして今回もイタリアに片思いだった気がする。

なんてちょっと気取ってみたけど、それどころではなかった。
郵便局に船便出しに行ったら時間かかるし、帰りにESSELUNGA寄ったらバス来ないし。
Cadorna発PM0:27のMalpensa EXPRESSに乗ろうと思ってたのに、
タクシーが捕まらずバスで。
駅で待っていたAmiさんに切符を買っておいてもらい、駅にあるAlitaliaのカウンターで
Check inし、慌てて列車へ。

Amiさんに「すみません、最後までバタバタして…」と謝る。
「もっと感動的なお別れしたかったんですけど。でも泣いてる暇ないからいいか!」
なんて言っていたのに、ドアが閉まり列車が動きだし、Amiさんが見えなくなったら
涙があふれてきた。
Kaoriさんが電話をくれて、話していたら泣いているのがバレて
「泣くな!冬のSaldiには帰ってくるんでしょ?」って言ってくれたから
「一緒に有馬(記念)見に中山(競馬場)行くんでしょ?日本で待ってます!」って答えた。
最後会えなかった友人もSMSをくれた。「メール書くから、日本でね」

空港でトランクを預ける。33.1kgだったけど超過料金は取られなかった。よかった。
飛行機に乗る前にイタリア人の友人にも電話した。
また涙が出て来てもう彼が何を言っているか考えきれなくなってきた。
とりあえず「Ci vediamo presto! (早くまた会おうね)」って言うのがやっとだった。
もうこれから12時間、泣きっぱなしで日本に帰ることになるのか…と考えていた。

足下に機内用のトランクを置いてたら、隣の席のおじさん(日本人)が上に上げてくれた。
で、はじめちょっとだけ話をした。
どちらかというと社交的ではないので質問されれば答えるけど、自分から話を続けることは
今まであまりなかったんだけど、イタリアの列車内でよく初対面同士のイタリア人たちが、
ずっと友人だったかの様に楽しそうに話しているのとかを見ていたので、がんばってみた。
おじさん、タイヤメーカーのモータースポーツ部の人だったので、
「前はF1好きだったんですよ!この前のアメリカGPひどかったですね」とか
「FIAT好きなんですよ、博物館は入れなかったけど」など、車&レースの話をしたり、
おいしかったレストラン教えてもらったり。
1番うれしい情報は東京に『イタリア自動車雑貨店』という店があるということ。
今度ぜひ行ってみなくては。
おじさんのおかげで気分が少し楽になり、泣かずにいれたし眠ることもできた。
おじさん、ありがとうございました。また機会があったらお話したいです。


Il mio compleanno (私の誕生日) [Vita in Italia]

結局昨夜は家に帰れず、友人宅に泊めてもらった。
この家にはジンクスがある。
『心のきれいな人』は1回目にテラスからアルプスが見えるらしい。
ちなみに1月、初めて遊びに来た時、バッチリ見えました。
で、最後になるであろう今日、雲が多いから無理かな〜と思っていたら、
雲にまぎれてアルプスの輪郭が見えた。
だんだん朝日が昇って行くのをず〜と見てた。

あまりにもきれいで涙が出て来た。
きっとこれはMilanoが私にくれた誕生日プレゼントなんだ、って思えた。

学校に最後の挨拶。

Giorgiaに「でもNataleには戻ってくるでしょ?」と言われる。
そんなに早くは無理だと思うけど…

昼食はAmiさん、Kaoriさん、そして一昨日夏休みの為到着したMasakoさんと一緒に
『Xe Mauri』へ。
お店の人に「今日、誕生日なんだ」と言うと「Auguri!! (おめでとう)」

Spaghetti al ragu' di salsiccia (ソーセージのラグー)


Via Zurigo
イタリアって空が広いよな〜と家の前の道で空を眺めた。
もう明日にはこの時間、ここで空は見れない。

L'ultima cena (最後の晩餐)は『La cantina di manuela』でAmiさん、
Aoyamaさんと一緒に。
「最後に何が食べたい?」と聞かれ「おいしいワインが飲みたいです」と答えたから。
で、飲んでいたらAM1:00を過ぎていて最終バスは行ってしまっていて、今日も歩き…。


Sprito Giapponese (日本の心) [Vita in Italia]

前々から、やってみたいことがあった。
『人生の師匠』のマネなんだけど、話を聞いた時から憧れていた。
彼がどこでやったかは憶えていない。

それは「外国で浴衣を着て歩く」こと。
師匠はそれで外国人にほめられ、「ぜひそれを売ってくれ」と頼まれたらしい。
しかし「これは俺の心(魂)だから売れない」と断った。
本当に外国人はそんなに浴衣に興味を示すんだろうか?

あいにく今日は朝から雨。でももう今日しかない。
夕方、雨もやんだので今だ!ということで着る。
しかし久しぶりなので着方忘れてるし…。Kaoriさんと待ち合わせてDuomoへ。
再び雨が降り出した。確かにみなさん興味があるらしい。
Galleriaで雨宿りをしていたら、なんだか写真を撮られた。

で、私たちも写真を撮り、Cantine Isolaへ。


本日の1杯目、Trentinoの白。なんか濁ってておもしろい。

本日の2杯目、私とKaoriさんの最近のお気に入り「Piemonte」の赤。
Kaoriさんの知り合いの日本人のソムリエの人に「写真撮っていいですか?」
え?日本人でもか?
お店の奥さんは「私も持ってるわよ!」、常連さんには「Bellissima!!」と言われた。
人生初だな、こんな形容詞で誉めてもらったのは。
Aoyamaさんも合流し、MITOへ最後の挨拶をしに行くことにした。

途中に見た風景

MITOには偶然知っている人もいて盛り上がった。
「いや〜、この前Montenapoleoneで浴衣2組がいて、先こされた〜、
 負けらんないって思って」
「じゃあ、今日勝ちに行ったの?」
「…いや、勝ちには行ってないかな?負けない程度に…」
気づけばAM3:00過ぎ。明け方のMilano浴衣で歩いて帰りました…


ただいま、やけ酒中 [Vita in Italia]

こんなことをblogに書いていいのか悩みますが…

今日、やりたいことがあったのだけど相方が忙しいので延期になった。
(違う相方探した方がいいんだろうけど…)
で、昼間家にこもってみたら、同居人のことで頭に来た。
そうなってくると家に引きこもっているのも嫌になってきたが観光するには遅すぎで、
とりあえずCentroを目指してみた。

気づけば街はSaldi(セール)の季節!
明日、パスポート持参で来なければ…。
で、本日の購入品はNaviglioのFumetteria(漫画屋)でルパンのDVD2本。
やけ酒のお供に後で見る為。

家でやけ酒をするとすぐ酔っぱらってすぐ寝てすぐ起きてしまうので今日はまず
Cantine Isolaで白・赤1杯ずつ飲んでみた。
外で飲むと比較的酔わないからなんだけど。
昨日飲んだBorgognoのBaroloが売っていた。
47年で465ユーロ、最近出入りしているイタリアワインのコミュで日本で買ったら61年は
2万くらいと言われていたのだけれど…
すごい物をタダで飲んだと実感。
んで、最初に飲んだ白はソーヴィニヨンということは憶えているけれど…
ボトルで12ユーロぐらいのもの。
次は赤で「Preferisco Piemontese!」と言って出してもらったのが

Barbaresco 99年。おいしいらしい。
いや、実際おいしかったんだけど。

今、家で白開けてこれを書いていますがこれからルパンを肴にやけ酒第2部開始です!


Gran Premio di Milano (ミラノ大賞) [Vita in Italia]

今日も競馬の話題です…あしからず。

今日はKaoriさんと見に行った。

*第1レース*
本馬場に入場した彼に2人で叫ぶ「Mirco!!」
それに答えて答えてくれた彼のおかげで単勝取りました♪

*第3レース*
本馬場入場する際に「Miro! Forza!!」と声をかけるとこっちを向いてニコッとしてくれた。
ああ、しあわせ♪
そしてまたしても私たちの期待に答えてくれた。
再び単勝取りました。

*第4レース*
パドックへ続く道沿いでMircoが通るのを待っていると、隣の隣のおじさんが、
「君を捜してるよ」とMircoに言った。
どうも私たちのことらしい。
するとMircoはこっちを見て軽くウインクしてくれた。
し〜あ〜わ〜せ〜!
日本ではありえない!

*第5レース*
本日のメイン、ミラノ大賞。
メインなのに5頭だて、あり得ないって!
残念ながら表彰台でMircoを見ることはできなかった…

*本日の結果*
購入6レース、購入額13ユーロ。
払い戻し、14.38ユーロ。
かろうじて黒字?

そういえば昨日の『Notte Bianca』ですが、想像とは違った。
Naviglioに行ったんだけど、AM4:30には店を閉められた。
朝まで開いてると思ってた。
Centroではいろいろイベントがあったみたいだけど。


Oaks d'Italia [Vita in Italia]

本日の話題ひたすら競馬です…あしからず。

PM2:40、MilanoのSan Siro競馬場到着。
前の週にRM2:30にゲートが開くのを聞いていたので早めに到着。
んが、第1レース発走はPM3:40。おいおい時間余り過ぎ!

第1レース
Il mio principe azzuro(私の王子様)Mirco Demuroは最後方から直線で他の馬を抜きさり、
1位でゴール!!さい先いいぞ♪単勝が当たった。

第3〜5レース
おしい!3-2-3着。
もしかして単勝じゃなく複勝で買ってればいい結果だったんじゃ…

これがMirco Demuro

第6レース Oaks
誰かが落馬した。
近くにいた人たちが「ドイツ人か?」と言っていたので見てみると…
『Peslier Olivier』もしかしてペリエ?!
フランスから参戦?
そういえば第3レースの「5番の馬さえいなければ!」の時の5番の騎手だ。
知っていればPeslierも単勝で買いたかったも…
結局Mircoは3位。

第8レース
今日の結果を考えるとMircoは単勝ではなく複勝と思い複勝を買った。
3位に入ったので喜んで払い戻しに行くと「この馬券は当たってないわよ」
え?複勝って3位までじゃないの?

*イタリア競馬ミニ知識*
・Vincente=単勝
・Accopiata=馬連
・Piazzato=複勝(でも日本の様に3位までではないらしい)
・馬券の最小購入は2ユーロ。
 が1ユーロ単位から買えるので「単勝4を1ユーロと馬連4-8を1ユーロ」という買い方。
 もしくは「単勝4を2ユーロ」とか。
・パドックが超近い。そして本馬場入場も近い。

・放送中でも携帯の電源オンの人たち

・着順がはっきりしない場合掲示板に『???』を表示

本日の結果
Mircoが出ていた7レース分の馬券を購入。
当たったのは第1レースの単勝のみ、4.38ユーロ。
約10ユーロ近い赤字…

さてこれから『Notte Bianca』に行ってきます。
明日、ミラノ大賞に行く体力は残っているのか?


前の10件 | - Vita in Italia ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。